あなたに合ったダイエットとは?

自分に合った食生活を選びましょう

理想的なのは自分のライフスタイルや予算、食べ物のの好み、どれくらい努力できるかといったポイントに合わせて選ぶことです。

面白いことにダイエットを目標にしている人の話は人によってそれぞれで、どんな話が出てくるかまったく予想がつきません。通常私がコンサルティングする場合、その方の過去の最高体重と最低体重を聞き、健康的な食事に変更して身体を引き締めるためのモチベーションを上げます。また、過去のダイエットで何が効果的だったか、どんな失敗をしたのかを聞き、その人がどれくらい努力ができるのか期待値を測ります。このステップを踏んでからその方に一番合ったダイエットプランを提案するのですが、ただ単に内容を指示するだけではなく、それを実践するためにはどうすればよいのかリードしてあげます。一緒に寄り添うことでベストなプランを考えていくのです。

すべての人が成功するやり方はあるのでしょうか?

同じ人が一人として存在しないように、すべての人に当てはまるダイエットプランは存在しません。好き嫌いなども考慮し、その人が一日をどのように過ごすのかにも注目します。料理が得意なのかどうか、食費を気にするのか、何時にトレーニングをするか、外食の頻度や場所などです。その人にとって意味のあるアドバイスをするまでに色々と考慮することがありますが、まずは相手が何を望んでいるのか考えるようにしています。

一度にたくさん詰め込むべき?

厳しい指導を望む場合、一度にたくさん詰め込もうとします。ダイエットとトレーニングと禁煙をすべて同時に始めようとする人もたくさん見てきましたが、不可能ではありませんが大変なことです。不摂生なことをすべて改めてフレッシュスタートを切りたいと言った心境なのかもしれませんし、今日が人生最後の一日という気持ちなのかもしれません。1つのことに取り組んでいると他の行動にも影響することはありませんか?トレーニングを始めたのに、一方で煙草を吸っているのはおかしいですよね?一度にたくさんのことに手を出し過ぎるとうまくいきません。その大抵の理由はプロセスが多すぎて気持ちが追い付かなくなり面倒になるからです。普段の生活からたくさん変えることがあり調整することも多くなり、結果何も達成できないままで終わってしまいます。

少しずつゆっくり派ですか?

その一方でゆっくりアプローチしていく方もいます。石橋を叩いて渡るタイプです。少しずつ変えていき、その変化が普段の生活に馴染んできたら、さらにもう少し変えていきます。時間をかけながらですが、着実に結果大きくライフスタイルを変えることができるでしょう。しっかりと生活の一部にすることで長期的に続けることができるでしょう。

自分に何が合っているのかを探すことで将来の食生活&ライフスタイルプランの指標になります。

ゴールを目指す方法はたくさんあります。短距離で直線のものも遠回りで回り道のものもあります。どの道がよいか、人それぞれ違います。私からのアドバイスは「実践できる方法を選ぶ」ことです。料理が嫌いだったり作る時間がない人にとって、毎日3食自炊をするプランは現実的でしょうか?普段フルーツや野菜をあまり食べない人に、急に今日から毎日7品目のフルーツと野菜を食べるプランも現実的ではありませんよね?

覚えておくべきこと:食事の選び方、トレーニング量、自分のライフスタイルを決めるのはあなたです。あなたがコントロールしているのですから、頑張れば頑張った分だけ結果に表れることを忘れないようにしましょう。ゆっくり確実に進むプランではレースに勝てないわけではありません。ベストなダイエット方法は人から言われて行うものではなく、自ら実践できるダイエットです。