ストレスを和らげるヒント

日々の生活でストレスは肥満や疲れを引き起こす原因となります。気持ちを落ち着かせたり現実から少しの間離れたりしてストレスを軽減したい時に私が実践している方法、ストレスを和らげるヒントとなる瞑想や簡単なヨガをご紹介します。

ストレスを感じると脳の幸福中枢を刺激する糖質、脂質、塩分が高いジャンクフードを食べてしまいがちです。私自身もまだ三つ子が小さい頃はカオスな状況が何度もあり、そのたびにクッキーの瓶に手を伸ばしてしまいました。三人の赤ちゃんが同時期に歩き始めるのを想像してみて下さい!これはもう何年も前の話になりますが、今思い出しただけでも血圧が上がりそうですが、この状況下でも私は身体を動かすことで気持ちが良くなり精神も安定し、クッキーを食べて一時的に満足するよりも安定した状態が長続きすることを体感しました。甘いものや脂質が多いものを食べて得られる幸せはほんの一時です。それに加え、このような甘いものを食べ続けると健康全般が脅かされ体重増加にも繋がりますので、健康的な他の方法でストレスを発散できる手段を見つけることがとても大切です。今ではストレスを感じた時はヨガを行ったり瞑想をして気持ちをリラックスさせるようにしています。

ゆるいヨガストレッチ:長い一日の終わりにゆるいヨガストレッチでコリをほぐしてみてください。この方法は一日をスタートする時にも有効ですが、簡単なヨガの動きをすることで頭がすっきりして前向きな気持ちで一日をスタートさせることができます。

瞑想:私の意見ですが、瞑想とは現実のカオスからほんの少しの間自分を遠ざけて、頭の中を意識的に静かに落ち着かせることです。最近友人と話していてこんな言葉を聞きました。「瞑想に以前挑戦したときは、うまく頭をクリアできないことにイラ立ってしまいやめてしまったよ。今ではそれもプロセスの一つだとわかったけどね。」どうやら世の中では瞑想がとても難しいものと誤解されているようですね。私も以前は瞑想について彼と全く同じことを感じていました。瞑想と言っても様々なとらえ方、やり方があります。ここでは私がいつも使っている気持ちを落ち着かせるシンプルで実践的な瞑想方法をアドバイスしましょう。

<シンプルな瞑想のヒント>

    1. 完全に無音で決まった場所がないと瞑想できないと思わないで下さい。現実では特にお子さんがいる家やオフィスでは完全に無音の場所を見つけるのはほぼ不可能です。
    2. 電話やPCのスクリーン等、主に気になっているものをできる限り頭の中から無くします。オフィスにいる場合はPCに背を向ける。家にいる場合は寝室のドアを閉めるなど。
    3. ヨガマットやブランケット等特別なものを準備する必要はありません。瞑想はどこでもできます。物に頼らない方がどこでもすぐに瞑想を実践することができます。
    4. ご自分がリラックスできる場所を見つけ座る又は横になって瞑想してみて下さい。目を開けたままでも閉じていても構いません。ご自分がしっくりくる方を選んでください。
    5. 腹呼吸や鼻呼吸といったある特定の呼吸法を意識しなくても大丈夫です。瞑想に慣れてきてから呼吸法を考えるようにして下さい。
    6. 呼吸にフォーカスしましょう。身体に入ってくる呼吸と出ていく呼吸を感じて下さい。シンプルにご自分に呼吸に意識を向けてそれを感じて下さい。
    7. 買わないといけないものリストや、やらないといけないことリスト等ネガティブなことは一旦頭から無くしましょう。
    8. やらないといけないことリストを頭から無くせたら、再度呼吸にフォーカスして下さい。
    9. 達成したいことや目標に向けたリストもひとまず頭の外に置いておきましょう。
    10. 自分をリラックスさせてくれたり前向きになれる言葉を一つか二つ持っておいて下さい。

1日に1~2回、静かな時間を20分程度、作るように心がけましょう。瞑想はヨガと同じように完全にリラックス効果を得る為には何度も繰り返し実践する必要があります。座った状態で瞑想が難しい方は、動きながらやランニングをしながらの瞑想でも大丈夫です。
私は日曜日のランを“ママの逃亡”と呼んでいます。呼吸に集中してランニングをすることでリラックスして頭をクリアにしています。中々リラックスできない時は単純にリズムに合わせて、1-2、1-2と数えるようにしています。それから呼吸に意識を向けヨガのストレッチなどをしていると、あっという間にこの素晴らしい一時間が過ぎてしまい、完全に頭がリフレッシュして準備万端で家に戻ります。子どもたちは今ではすっかり歩くことを覚え、木に登ったりスケートボードで遊ぶようになりましたが、毎日安らぎの20分の時間を取ることで私はとても助かっています。ぜひ皆さんもお試しください。

+++++++++++++++
サマンサ・クレイトン。ワールドワイド・スポーツパフォーマンス アンド フィットネスの副社長であるサマンサは、元短距離走選手であり、AFAAおよびISSAの認定トレーナーです。応用化学の学位を持ち、4人の子どもの母親でもあります。

*これまでの記事はこちらから、英語版はこちらから、ハーバライフ製品デジタル版カタログはこちらからご覧ください。