運動と汗の関係

運動と汗の関係

運動して汗をかくのが嫌いですか?それとも運動したくない言い訳に「汗でヘアスタイルが崩れるから」と言ってはいませんか?実際のところ、世の中の多くの人は汗をかくのも好きではなく、運動するのも好きではないのかもしれません。

たしかに汗をかくと髪は乱れるし、肌もべたつくかもしれませんが悪いことではありません。汗をかくことは生きている証拠です。体を動かすことが好きな私からのアドバイスとして、なぜ人間が汗をかくのか、汗をかいたときにどうすればより快適に過ごすことができるのか、スキンケアやヘアケアのヒントと合わせてご紹介します。

人によって汗の量が違う理由、そしてストレスを感じた時に汗をかく理由をご存知ですか?私の友人は運動をした時に汗をかくのは体型が大きい場合だけだと思っていたそうで、私がワークアウトで汗をかいているのを知って「身体が引き締まっているから汗をかく必要はないわよね?」と驚いていました。私もこれをきっかけに汗の仕組みに興味が湧き調べてみました。

<汗の機能と仕組み>

  • 汗をかくことは体温調節のための身体の自然な機能です。
  • 肌の表面から汗が蒸発すると、熱を取り除きクールダウンしてくれます。
  • 汗をかかないと温度調節ができないので、めまいや吐き気の原因となります。
  • 汗には水分、塩分、塩化化合物、カリウムが含まれています。水分は蒸発しますがその他の物質は肌の表面に残り塩分によるベタつきや乾燥に繋がります。
  • 人間は皆、汗をかきます。一般的には男性は女性よりも40%多く汗をかきますが、単純に温度調整が必要な身体の面積が広いからです。
  • ある国では、汗は戦士の勲章だと言われています。
  • また発汗は疲れやストレスに対してのホルモン反応でもあり、元をたどると身体を守る機能の一つです。

汗をかく量は人それぞれの活動レベルによって変わります。運動の強度を上げる毎に身体が慣れ汗をかく量も減っていきますが、その主な理由は効率よくクールダウンすることを身体が徐々に学習するからです。はじめは汗が水たまりのようになっていた人でも、じんわり汗をかく程度に変わっていきます。アスリートの中にはパフォーマンスのピークで最適な体温に調節できるようにたくさん汗をかく人もいます。フィットネスレベルとは関係なく皆汗をかきます。汗をかくから運動を避けるという考えは、私は好きではありません。汗をかくのがとにかく嫌いな方にお勧めしたいことをいくつかご紹介します。

フィットネスレベルとは関係なく皆汗をかきます。汗をかくから運動を避けるという考えは私は好きではありません。汗をかくのがとにかく嫌いな方にお勧めしたいことをいくつかご紹介します。

<汗とうまく付きあうコツ>

  1. 涼しい場所や、屋外なら涼しい日に運動する。
  2. 運動時にキャップはかぶらない。キャップをかぶると頭から熱が逃げにくくなります。
  3. 速乾性のあるトレーニングウェアを着る。最新のテクノロジーで速乾性や殺菌効果のあるものを買うことができます。
  4. 化粧をする場合は最小限に抑えましょう。大丈夫な方は化粧をしないで運動しましょう。化粧が汗とまざると、見た目も良くありませんし毛穴がふさがれ肌荒れの原因となります。
  5. 運動後はすぐに汗を流しましょう。すぐにシャワーができない方はパウダーシートを持ち歩き運動後すぐに汗を拭きとれるようにしましょう。
  6. ヘッドバンドやリストバンドを付けると汗が目に入るのを防ぐことができます。手や床に置いたタオルで汗を拭くよりリストバンドを使うほうが衛生的です。
  7. 髪が長い場合は三つ編みやポニーテールにして肌に触れないようにしておきましょう。
  8. 運動後に毎回髪の毛を洗いたくない人は運動前に髪の毛全体にヘアスプレーをかけ、運動後にブラッシングする方法もあります。私はこれを実践していますが、汗で髪の毛が濡れてしまうのを防いでくれる気がします。

これらのヒントを実践することで少しでも快適に身体を動かしていただければと願っています。それでもやっぱり汗が嫌な方にはこちらのフレーズをどうぞ。『汗は脂肪の涙』

汗で少し不快な思いをするのに比べ、身体を動かすことのほうがはるかにたくさんのメリットがあります。ご自身の身体を気にかけることは素晴らしいことで、運動後の姿はとても魅力的だと思います。

+++++++++++++++
サマンサ・クレイトン。ワールドワイド・スポーツパフォーマンス アンド フィットネスの副社長であるサマンサは、元短距離走選手であり、AFAAおよびISSAの認定トレーナーです。応用化学の学位を持ち、4人の子どもの母親でもあります。

*これまでの記事はこちらから、英語版はこちらから、ハーバライフ製品デジタル版カタログはこちらからご覧ください。