ストレスからの暴飲暴食をやめるには?

Check your emotions before eating.

ストレスを発散するために食べ物を口にしても、ストレスを解消することはできません。しかも暴飲暴食が頻繁に続くと体重増加を招きます。この悪い習慣をなくすにはどうしたらよいのでしょうか?

時々ストレスから食べ物に走ることは多くの人が経験することだと思います。大変な一日の終わりにアイスクリームで自分を励ましたり、最悪なデートの愚痴を言いながら友人のお皿のフレンチフライをつまみ食いしたりしたことがありませんか?ですがいつもその方法で対処しているとコントロールがきかなくなります。ネガティブな気持ちになった時いつも食べ物に逃げている人は、今すぐその習慣を直しましょう。

ストレスで食べてしまうのはなぜ?

ストレスや感情的になった時に食べ物を口にしてしまうのは、その行為が不快な状態を良い方向に変えられると思っているからです。時には意識的に判断している場合もありますが、大概の場合はネガティブな感情に対する無意識な反応です。何が作用するか人によって異なりますが、何かを食べる事で気持ちが和らぐことは間違いありません。

身体が食べ物を欲するのは空腹だから?それとも感情的なものから?

ストレスなどの感情から食べ物を欲しているのか、それとも本当にお腹が空いているのか見分ける方法がいくつかあります。

  • 感情的なものからによる空腹は突然訪れます。急にナチョスが食べたくなったりなど、ストレスを感じ始めた時にすぐ空腹感を感じます。その一方で本当に身体的に空腹の場合は、ゆっくり空腹を感じます。徐々に空腹を感じるため、何を食べるのかじっくりと考える時間もあり、空腹感を満たすために身体に良い健康的なものを選ぶことができます。
  • ストレスで食べ物を欲する場合は大概甘いものや、脂質が多いもの、高カロリーなものが欲しくなります。大概の場合、具体的に食べたいものを思い浮かべています。(例えば「チョコレートが食べたい」ではなく「6丁目にあるフレッズダイナーのトリプルファッジケーキが食べたい!」となります。)本当に身体が欲している場合は食べ物なら何でも欲しいはずです。身体的な空腹を満たすために食べ物を選ぼうとしている場合は、ストレスからくる空腹感で食べ物を探している時よりも身体に良い食事を選ぶことができるでしょう。
  • 身体的な空腹感の場合、腹八分目まで食べることができると胃袋を充分にを満たすことができたという合図が発信され、身体は食べるのをやめます。ところが感情による空腹感の場合はその合図は無視されることが多く、その結果食べ過ぎてしまい、後悔することになります。

<ストレスによる食欲とうまく付き合う方法>

  • 食べもの日記をつける:食べもの日記をつけることは、どのようなストレスによって食欲が湧いてしまうのかを知る良い方法です。食欲が湧いた際に毎回1~10のランクでどの程度の空腹を感じているのか記録し、同時に自分の気持ちも記録して下さい。
  • 自分の気持ちに素直になりましょう:感情の変化によって食べてしまうことは自分が一番理解しているので、まずそのこと自体を認めてしまいましょう。怒ったり、寂しかったり、退屈だったりしても構いません。良い気分ではないかもしれませんが、そのこと自体は危険ではありませんので無理をして正す必要もありません。
  • 自分の感情をうまくコントロールする:毎回ストレスを感じるたびに食べ物に逃げていても、それは自分が自分自身の感情とうまく付き合えていない証拠です。ストレスを感じた時は自分にこう問いかけてみましょう。「今食べなかったとして、起こり得る最悪なことは何?」食べないことでさらにストレスを感じてしまうかもしれませんが、それもすぐに通り過ぎます。自分の気持ちを大切にして、食べる以外の発散方法を見つけましょう。
  • 食べる以外の方法を見つける:少し時間を取り、自分自身の気持ちと向き合って解決方法を探してください。たとえばウォーキング、音楽を聴く、瞑想をする等、食べる以外にできることをリストアップしてみましょう。
  • 悪い癖から学びましょう:ストレスを感じた時に食べてしまう人は、その方法でしか発散できないと思い込んでいます。その他の悪い習慣も同様ですが、考える前に食べ物に手を出してしまいがちです。その習慣から学び、食べる以外の方法で発散できるように練習してみて下さい。
  • 治まるのを待つ:ストレスから食べてしまう方は、食べないとその食欲がどんどん増加してしまうのではないかと思っています。気持ちが治まるのを待ってみると意外と食欲も治まることに驚きます。欲求のままに食べるのではなく数分気持ちが治まるのを待つことを自分に課してみましょう。

自分に優しくなり、ストレスで食べてしまう自分と向き合う時間を作ってください。これらの方法を実践してもうまくいかない場合は、一度医師やカウンセリングを受けることをおすすめします。

+++++++++++++++
スーザン・ボワーマン:ハーバライフの栄養トレーニングのディレクター。管理栄養士であり、スポーツ栄養学を専門とした有資格者。
*これまでの記事はこちらから、英語版はこちらから、ハーバライフ製品デジタル版カタログはこちらからご覧ください。