「ながら運動」 vs エクササイズ

eep fit with exercise that’s right for you.

身体を引き締めるためには日常生活での運動消費で充分なのか、それとも決まったフィットネスプログラムを行う必要があるのかよく質問されますが、実際のところは人によって異なります。1日の消費総エネルギーのうち約3割は日常生活での運動消費によるものですから、日常の「ながら運動」で消費量を増やして体重を減らすことができる人もいるでしょうし、そうではない場合は自分に合わせて積極的に身体を動かす具体的なフィットネスプランをたてることをおすすめします。

日常生活での運動消費とエクササイズの違いとは?

日常生活での運動:

筋肉の伸縮を伴う動きを単純に身体運動と呼びます。歩くこと、持ち上げること、掃除、庭仕事など動きを伴う活動はすべて日常生活での運動に含まれます。たとえば立ちながら料理をしたり郵便を出しに家の外に出たり、ほとんどの方は無意識の内に身体を動かしているでしょう。何も考えずに普段行っていること一つ一つをリストアップしてみると面白いかもしれません。思っていた以上に多い場合や、また逆に少なくて驚くかもしれません。

エクササイズ:

エクササイズとは意図的に、計画的に行う身体運動です。筋力を付けたり柔軟性を上げたり、心臓を強くするなどの目的を持って行うもので、ダンス、水泳、サイクリング、ランニングなどがエクササイズに含まれます。

エクササイズ?それとも単に動いているだけ?

場合にもよりますが、違いは紙一重です。どちらなのかわからない時は次のようなテストを行ってみましょう。

  • その行為を行いながら余裕で話ができるようなら、それは単純に活発な動作です。
  • 息切れがして話すのに呼吸を整えないといけない場合は、エクササイズです。

運動強度によって、健康への影響度合いが変わってきます。
運動の果たす4つの役割に注目すると、なぜエクササイズが大切なのかわかります:

  • 心肺機能の強化
  • 筋力強化
  • 筋力持久力
  • 柔軟性

もちろん日常生活で活発に動き、「ながら運動」だけで適切に運動消費できるようなライフスタイルなら問題ないですが、エクササイズを行うことで健康をより一層強化することができます。

エクササイズを始めるには

毎日の生活の中で身体を動かす動作を増やすことは、よりヘルシーでハッピーな人生への道の第一歩です。そこからさらにフィットネスレベルを上げたい場合はエクササイズを何日か組み込んでいくと良いでしょう。身体は人それぞれ違いますので、自分に合ったものが何かを知る必要がありますが、自分が楽しめることを選べば、少しずつでも強度を上げ、時間も増やせます。ヘルシーアクティブライフスタイルを送る鍵、それは日々前進していくことです。

+++++++++++++++
サマンサ・クレイトン。ワールドワイド・スポーツパフォーマンス アンド フィットネスの副社長であるサマンサは、元短距離走選手であり、AFAAおよびISSAの認定トレーナーです。応用化学の学位を持ち、4人の子どもの母親でもあります。

*これまでの記事はこちらから、英語版はこちらから、ハーバライフ製品デジタル版カタログはこちらからご覧ください。