水分を摂る重要性とは?

人間が生きていくために水分は欠くことのできない存在ですが、脱水や熱中症などを防ぐ以外にも身体を守る重要な役目を果たすことを知っていますか?

腸の重要性は一般にもよく知られるようになってきました。身体を守る免疫細胞の約7割が腸に集約していることや、腸内に生息するバクテリアの集まりである微生物叢が健康へ及ぼす影響が研究結果としても取り上げられています。腸を健康に保つにはプロバイオティクス(良いバクテリア)とプレバイオティクス(プロバイオティクスの餌となる食物繊維)、それに排出物をスムーズに出す手助けをしてくれる十分な食物繊維をとることが大切ですが、さらに基本的で大切なことは「水分を摂る」ことです。

腸の働きをサポートする以外にも水分摂取は重要な役目を果たします。ウイルスなどが口から入った場合、喉の粘膜にとどまるとそこから体内に入り感染するリスクが高まりますが、胃に入ってしまえば、胃酸の働きによって感染の心配がなくなります。ウイルスが喉についてから感染するまで数十分と言われていますので、20分に一度を目安に水分を摂取し、喉についたウイルスを一緒に飲み下すようにすればウイルス感染のリスクを低減することができます。

消化プロセスの始まりである唾液はそのほとんどが水分ですが、食事をしながら水を飲むと胃液が薄まり食べ物を分解できなくなるというのは誤った情報です。適度に水を飲むことで消化プロセスの手助けとなり、胃内部の粘液を強酸性である胃液から守るためにも水は必須です。

食べ物が小腸を移動する際に消化活動が活発に行われますが、そのプロセスを促進しているのは水です。小腸では水分を多く含む分泌物が放出され、同時に膵臓や肝臓からも放出されます。酵素は消化のプロセスをさらに促進させ、最終段階の消化吸収の準備に入ります。たんぱく質からアミノ酸へ、脂質から脂肪酸へ、炭水化物から糖分子へと分解されます。大半の消化吸収は小腸で行われ、栄養素は血流へと流れていきます。次に大腸での消化プロセスに進みますが、ここでも水分がとても重要な役割を果たします。食べ物に含まれていた可溶性繊維(オーツ麦、豆、オオムギ)は水に溶け膨張し、不溶性繊維(全粒粉、大半の野菜)は膨らむというより引き寄せて閉じ込め、毎日のお通じを快調にしてくれます。大腸にはたくさんの腸内細菌が棲んでいて、流れてきた未消化のカスを分解し様々な物質を代謝しますが水分を保持した環境がその吸収をサポートします。十分な食物繊維(プロバイオティクスも良いです)をとることが消化器官を健康に保つということに間違いはありませんし、運動を取り入れることも大切です。骨格筋を動かすことで消化器官の筋肉も同時に動かされ、お通じを促してくれます。

消化プロセスの全ての工程に水分が関わってきますので、一日を通して十分な水分補給をすることが大切となります。免疫力を高めるためには、日ごろから、質の良い睡眠をたっぷりとり、栄養バランスの良い食事と規則正しい生活を心がけることが大切です。

+++++++++++++++
*これまでの記事はこちらから、英語版はこちらから、ハーバライフ製品デジタル版カタログはこちらからご覧ください。